ホーム » 未分類 » 区分が細かい

区分が細かい

公務員の区分は非常に多種多様で、その数だけ公務員試験があります。高校卒業で公務員試験に臨むのか、それとも大学卒業で公務員試験に臨むのか、また、国家公務員か地方公務員か?ということによっても、試験内容も形式も違ってきます。

学歴ごとに試験の程度が庫となる事もあります。公務員試験の概要を見てみると、大学卒業程度、短大卒業程度、高校卒業程度というように、分類されていることがわかります。試験は、1類、2類というような区分があり、上級、中級といった分類もあります。まずこの把握が必要なのです。

職務内容によって試験区分が異なるということもあるので、県ごとの採用試験の中でも、その職務内容によって試験が分かれているというややこしさです。文系であれば、法律や経済など区分が分かれていますし、理系は、建築、電気、機械などと技術系のように別れているのです。

こうした区分の違いによって試験は細分化され、奥が深い問題が出題されるため、非常に深い猛勉強が必要になるといわれるのです。公務員の中でもどの分野、どの系列に行きたいのか、その中でも最終的にどの試験を受けるのかによって、受験内容も対策もまったく違うのだということを理解しなければ勉強のスケジュールも組めないということです。